グラン堂ブログ~お互いの仕事で分からないことを回答するブログ~

Webアナリストが、コンセプトダイアグラムでわかる[清水式]ビジュアルWeb 解析を読んで思ったこと

2015年4月22日 17:19

編集担当の方から献本いただきました。ありがとうございます!

2011年にa2iのセミナーで清水さんのお話は聞いたことがありました

清水さんのコンセプトダイアグラムについては過去にa2iのセミナーでお聞きしたことがありまして、その時の感想を簡単に書いています。a2iのセミナー、個客とIAとアクセス解析に行ってきました | 運営堂
ちょっと引用します。

どんな成果が欲しいか?から始まって落とし込んでいかないと、いらない指標まで指標に設定しまうことになりかねません。取れる指標はたくさんあるに越したことはないんですが、管理する指標はシンプルな方が日々の管理が楽ですし、いざという時にも深堀できるようになっていればいいわけです。取れるから、という理由で無駄な指標を管理しても意味がないんですね。

このころってGoogle アナリティクスを入れて、ゴリゴリ解析して、分厚いレポートを作って、はいどうぞ、という作業が多かった頃です。私自身はそういったレポートを出してもアクションにつながらないことが多く、悩んでいたので目から鱗が落ちる思いでした。

でも、これって頭では分かっていてもなかなかできないんですよね。

集客も制作もわかってないといけないし、動かさないといけないし、その前後にあるリアルの世界までも動かすことができないといけないからです。

3年が経ってグラン堂では

「管理する指標はシンプルな方が日々の管理が楽ですし、いざという時にも深堀できるように」を考えると、どうしても指標の設定は作る前になってきますので、設計段階からみんなが関わった方がいいわけです。

その考えを元に進めた事例がこちら。
作ってからではもう遅い、制作会社がサイトを作る前にやるべきこと

SEOではキーワードやユーザーのニーズや検索ボリュームから全体の構成を考えてWebサイトを設計していきます。そして、設計段階から解析担当が関わることでSEOの効果測定やWebサイトの効果測定がとってもやりやすくなる、という内容。2011年に清水さんのお話を聞いて以来、解析の設計はどうしても事前に終わらせておきたかったので、やっとそれができたのは嬉しかったですね。

でも、これでも清水さんのレベルには程遠いという・・・。

やってみるとムチャクチャ難しいことがとっても簡単に書かれている

清水さんの本はとても分かりやすい日本語で書かれていて図も多いので、読んだ時は分かったような気分になりますが、実はまったくそうではありません。

ユーザー体験を数字で評価してビジネスの改善につなげる
個客の流れを表す図の上に、企業が取り組んでいる施策やコンテンツをマッピングする

わずか2行の文章ですが、これをWebサイトの設計に落とし込んで、考えた流れのように動いてもらって、そうなっているかを測定するわけなので、どのジャンルの知識がどれだけ必要なのかもわからないぐらい難しい内容です。

ユーザー体験にはどういったものがあるかは現場に行ったり、クライアントにヒアリングをしたり、競合の調査をしたり、自分で買ったりとやることがたくさんあります。数字で評価するにしてもどの数字が適当かを判断するにはアクセス解析の知識だけでは不足しています。

ゴン・ウェブコンサルティングの権さんもこう書かれています。
コンセプトダイアグラムでわかる [清水式]ビジュアルWeb解析 読みました。 – WEB戦略コンサルタント 権成俊のブログ

ただ、やはりこれは上級者向けでしょうね。
丁寧に書かれていますが、経験が少ない方が読んでも一つのやり方にしか見えないでしょう。
本質はコンセプトダイアグラムを使うかどうかではなく、考え方の流れとして、ウェブサイトで成果を出すための戦略をユーザーシナリオの視点で明らかにすることからスタートすべし、ということです。

まさにこの通りです。
手法として考えている限りは絵に描いた餅にしかならないと思います。

自分の分野の仕事を追及してきて、他の分野の人とも関わった経験があって、ユーザーのことを真剣に考えて、そして悩んだことのある人にはとっても参考になる本です。

コンセプトダイアグラムでわかる [清水式]ビジュアルWeb解析 (Web Professional Books)
清水誠
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 4,250

2015年4月22日 | admin_grandou | コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


(必須)

Tag Cloud

お知らせ