グラン堂ブログ~お互いの仕事で分からないことを回答するブログ~

いろんなアクセス解析ツールがあるから、覚えるのが面倒じゃないの?

2014年1月27日 17:51

visual-kaiseki01

今回の質問者は大和です。
制作側からすると解析側の業務は不思議なことがたくさん…
今回は「いろんなアクセス解析ツールがあるから、覚えるのが面倒じゃないの?」という質問について、運営堂の中川が答えます。

基礎知識があればどのツールでもやることは大きくは変わりません

私の個人的な感覚としてはアクセス解析ツールはどんどん便利になっていっているので、新しいツールや機能がリリースされる都度、「なんて素晴らしい時代になったんだ」と感激することが多いです(大袈裟)。
とは言え、他に情報がなかったり、使いやすいとは言い難い画面だったり、独特の仕様や用語など、使い始めの頃は苦労することが多いのは事実です。
それでも少しずつ理解できるようになるとテレビゲームをクリアしていくような楽しさが上回り、ユーザの行動が如実に掴めるようになるとニヤニヤし始めます(不気味)。
どのツールや機能でも、基本的にできることというのは常識を大きく逸脱するものではありません。
なぜなら、解析ツールの多くは「生ログ(アクセスログ)」をベースに設計され、「そのログをどのように取得するか」「他のデータとどのように紐づけるか」「どのように見せるか」などの差異がツールや機能の違いになっているからです。
個人的にはWebサーバに蓄積された生ログ(アクセスログ)を使ってのアクセス解析がスタートになっているため、生ログ(アクセスログ)で分かることが基本となり、そこに各ツールが独自で取得したり紐付いていたりするデータが加わることで、各ツールの特長や機能が発展していっていると感じます。
逆に言えば、個人的に生ログ(アクセスログ)でアクセス解析をしたことのある経験が、様々なツールに対応できる一因ではないかとも思います。

アナリストのマウスは涙で濡れて

とは言え…
「このツールは解析専用サーバにインストールされていて…」
「このプロファイルはこういう目的で作られていて閲覧制限が…」
「フィルタはディメンションにかかるがメトリックスにはかからなくて…」など、
各ツールの細かい特性を覚えるのは、泣けます。

さらに、データ取得設定がきちんとできていないともっと悲惨です。
Googleアナリティクスなどのタグが貼れていなかったり、生ログ(アクセスログ)がWebサーバに保存されていなかったり…。、
データが採れていないと解析することができません。
解析できないものは解析できないのです(涙)。

そのため、解析環境をきちんと整えることがアナリストの重要なテーマです。
その整備の際に発生する細かい作業や設定も、面倒と言えば面倒ですが、整備後の綺麗な状態を妄想、違う、想定しながらやるのは苦ではありません。

本当に面倒なのは

アクセス解析の文化がない所にアクセス解析の文化を根付かせること…
Webアナリストと呼ばれるポジションの方は多かれ少なかれ感じられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここ1~2年くらいで理解が進み、アクセス解析の重要度が増してきたので状況は好転しているとは言えますが、流行に乗って上っ面だけ導入したり、全社的な理解や相互支援がない中で進めるだけでは一時的・局地的な盛り上がりに留まる可能性も否定できません。

社内で誰でもアクセス解析ができること・組織的に継続されること。
これらがとても大切だと痛感します。
そういう状態に持っていくのはとても“面倒”ではありますが、ちょっとでもクライアントのお手伝いをできれば良いなぁと考えながら、解析ツールの前で泣いたりニヤニヤしたりしています。


2014年1月27日 | admin_grandou | コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


(必須)

Tag Cloud

お知らせ