グラン堂ブログ~お互いの仕事で分からないことを回答するブログ~

ブックレビュー:いちばんやさしいHTML5&CSS3の教本

2016年4月18日 12:22

4月から新卒で入社しました、長屋です。今回は運営堂の森野さんからいただいた「いちばんやさしいHTML5&CSS3の教本」の書評をまとめさせていただきます。

「いちばんやさしいHTML5&CSS3の教本」とは?

新しいことをはじめる人に向けた「いちばんやさしい教本」シリーズ。業界で活躍している講師3人の指導のもとHTML5とCSS3を学び、初心者でも実習を通してWebサイトを作ることができるようになります。

Webサイトが表示される仕組みやブラウザ・エディタのインストール方法の解説から始まる、まさにはじめての人に向けた書籍ではあるのですが、最終章ではスマートフォン対応やSEO対策のような本格的な内容も紹介されています。

はじめてでも挫折しない学習書

表紙の「はじめてでも、挫折しません。」のコンセプトが印象的ですが、その秘密はワークショップ形式の学習書というところにあると感じています。

本書ではいきなりコーディングを始めることはしません。まず講義のページでWebサイト制作における知識や考え方、なぜそれが必要なのかを学んだあとで、実習のページで解説とともにコーディングを進めていきます。
私もよくあるのですが、はじめてのことはつまづいたときに「何がわからないのかがわからない」という状況に陥りやすいですよね。しかし基礎を先に学ぶというステップがあることで、実習での理解がより深まるだけでなくつまづいたらもう一度戻って読み返すという流れが自然とできるようになっています。

実習は効率の良いコーディングの仕方に沿った流れで、わかりやすくも現場で生かせるような知識が身につく点が魅力です。紙面の背景色が講義ページは淡い黄色、実習ページは白になっているというちょっとした違いも、学習する上で気持ちの切り替えにつながるやさしいポイントだと思いました。

基礎の大切さに気付く1冊

初心者だけでなく「HTMLやCSSの書き方は一通り理解している」という人にとっても良いきっかけになる本です。「はじめに」で、執筆者代表の赤間公太郎さんはこう語っています。

続々登場する新しい技術や、高度なテクニック、美麗な装飾などに目が行きがちですが、それらを採り入れるには「そもそも根底の部分がしっかり作られていること」が大前提になります。

基礎をきちんとするのは大切というのは理解しているつもりでいても、私自身普段Webサイト制作をする中で「自分は基礎を本当にきちんとできているのか?」と意識する機会はなかなかありませんでした。特にコーディングのような自己流になりがちな分野であれば尚更のことではないでしょうか。

既に知っていることを学び直すのは大変なことのように思うかもしれませんが、「人に教えるときはこんな教え方をするとわかりやすいのか」とハッとしたり、「感覚的にそういうものとして使っているけど、そういえばどうしてこうなるんだろう?」という普段は意識しないポイントが気になったり、新しい発見もあって楽しく読むことができるのではないかなと思います。


2016年4月18日 | NagayaMegumi|コメント(0)

ブックレビュー:できる100の新法則 Google Search Console -これからのSEOを変える基本と実践-

2015年10月7日 16:33

ディレクターの藤田です。
「Webサイトを作るのが、どんどん難しくなってきたなー。」この手の本を読むと毎回思います。
今回は、アユダンテさんが書かれた「できる100の新法則 Google Search Console – これからのSEOを変える基本と実践 -」という通称サチコさんの本を森野さんにいただいたので、感じたところをまとめました。

これは誰が知るべき?

読了して一番最初に「これは一人じゃ無理」というか「関わる人みんなが同じ分量で知っておかないと実現できない」と思いました。冒頭コラムに「Search Consoleは検索に関わるすべての人のためのサービス」とありますが、まさにその通りだと。

「できる100の新法則 Google Search Console」の各章に対して、関連するフェーズと担当者の重み付けを勝手にまとめると次のようになりました。

関連フェーズ 関連する人と重み付け
第1章:
クロールとインデックスの新法則
初期:運用 = 4:6 オーナー:制作 = 5:5
第2章:
キーワード分析と最適化の新法則
初期:運用 = 4:6 オーナー:制作 = 5:5
第3章:
ページやサイトの構造を整える新法則
ほぼ初期 マーケティング:制作 = 5:5
第4章:
モバイルフレンドリーとページ高速化の新法則
ほぼ初期 オーナー:制作 = 3:7
第5章:
SEO上のトラブル防止と対処法の新法則
初期:運用 = 5:5 オーナー:制作 = 5:5

第1章では、進化したSearch Consoleの機能とその見方が紹介されていますが、そこでさえオーナーと制作が関わるべき重みは 5対5 。そう、制作がSearch Consoleを使ってやるべきだなと思うこともあるということ。

サチコの本といいつつ、第3章や4章はほぼ構築前の設計のお話。でもこの本に書いてあることを全て把握して対応しようとすると、絶対制作だけの知識では無理。第3章はマーケティング担当と、重みは 5:5 。といった具合で、ほんとに 「関わる人みんなが同じ分量で知っておいたほうがいい」 と感じます。

これ予算付かないとできない

上記の表の「関連フェーズ」を見ると、第2章以外、サイトを構築する初期、つまり設計の段階で考えておきたいことばかり。

例えば第1章だと次の項目が該当します。

  • [新法則 8] サイトマップを追加してGooglebotのクロールを助ける
  • [新法則18] robot.txtは設置前に必ず動作テストをする
  • [新法則19] 「noindex」でページのインデックスを拒否する

これらは運用フェーズで継続的に調整をするものだけど、だからといって最初が適当でいいということではなく、やはり事前の設計は大事です。
さらに第3章で解説されている次の項目は、直接システムの仕様に関係してしまうから最初に考えられてないと後での挽回が難しい。

  • [新法則53] 大量の重複は設定やCMSの問題を疑う
  • [新法則54] 重複が起きないようにページの正しいURLを指定する
  • [新法則56] 分割したページは番号を付けて重複を回避する
  • [新法則58]~[新法則62] で解説されている「構造化データ」関係

第5章にある 「[新法則95] SEO効果を引き継ぐ301リダイレクトを理解する」に関連するURLの設計もそうですね。

つまり、構築時に設計すべきこと多すぎ… orz なわけで。簡単な作業でもないので、これはこれでちゃんと予算を付けないとやれないなと思うわけです。
さらに考えるのは、リニューアルの場合は標準でこれらに対応するべきなのか?ということ。

無条件で全部に対応することはできないけど、さすがにリニューアル前の評価を落とすわけにはいかない。なので、関係するタスクを「評価を落とさないための対応」と「評価を上げていくための対応」に別けて、「落とさないための対応」は標準で実施し、「上げていくための対応」は別で見積もりを追加する、とか何らか対策を練らないといけないな、と本の内容とは別のところで新たな心配が出てきてしまいました。

定期点検サービス、いかがでしょう?

本書の第1章には、定期的にSearch Consoleを見て、Googleからメッセージが来てないか、エラーが起こっていないかなどを確認する手順が解説されています。第2章のように、キーワード分析に基づく改善・最適化は制作部隊だけで対応できるものではないけれど、第1章のようなサーバに発生しているエラーや、サーバ上のファイルに由来する不備の解消は、制作部隊が自主的に行う一つの「定期点検サービス」として、運用保守のメニューに追加してもいいかもしれないな、と思いました。

運用はコンテンツの更新にばかり関心が行きがちですが、車と同じように、メカニックが定期的にメンテナンスをすることで、故障の早期発見と修理ができて、オーナーも安心するのではと。

終わりに

本書は「Search Consoleの使い方が分かる本」ではなく、副題の「これからのSEOを変える基本と実践」というのがまさに、という印象です。Googleの評価基準がどこにあって、サイトが正しく評価されるためには、どんな準備・体制・取り組みが必要かを教えてくれる、考えさせられる一冊でした。

情報量も多く、技術面にも少し踏み込んできちんと解説がされていますので、体系的な理解を求める本気度の高い方におすすめです。


2015年10月7日 | admin_grandou|コメント(0)

Webデザイナーが、新しいアナリティクスの教科書を読んで思ったこと

2015年7月31日 10:57

Webデザイナーの井上です。
今回は『新しいアナリティクスの教科書』の書評をまとめさせていただきました。
この本は主に、企業内のWeb部門担当者向けとなっていますが、Webデザイナーの視点から読んでみました。

はじめに

国内最大級のアナリティクス担当者の協議会「アナリティクス アソシエーション」による公式書籍のためか、一見アナリティクスのことを熟知していないと理解しにくい難しい本と思われます。個人的には本の装丁がさらに難しそうな本に見えているような気がします。しかし、アクセス解析に少々理解があれば、読み進めることができます。

内容の構成としては、幼年期・少年期・青年期・成人期とステップを踏んで説明しています。自分は現状どの段階にいて、これから具体的にどのようにすればステップアップしていけるのかということが見えてくるので、次のステップへ行動に移しやすいです。まさにタイトル通り、教科書ですね。

失敗するかもしれないから、やらないのではなく、まずは行動してみる。それがステップアップへの近道だといいます。まずは、この本を読んでみるということが成長するためのスタートになるのではないでしょうか。

アクセス解析とアナリティクス

Webデザイナーで「アクセス解析」は触ったことがある、理解しているという方が多いかと思います。有名なGoogle Analyticsは普段使用しているのではないでしょうか。しかし、アクセス解析とアナリティクスの違いについては説明できる方はどの程度いるのでしょうか。混同して使用している方は覚えておくと良いですね。

アクセス解析とは
サイトのアクセスデータのみを対象とした分析方法。ユーザー行動を見ることができる範囲は、サイトにアクセスしてから離脱までとなります。
そのため、Web制作会社のみで完結しがちです。
アナリティクスとは
サイトのアクセスデータに限らず、サービスの顧客データ、商品データ、店舗の販売データやサポートのデータなど、企業内に存在する、あらゆるデータを対象とした分析方法です。
そのため、Web制作会社だけでなく、クライアントが保有するデータを使用するため、双方が協力しなければ、アナリティクス分析は成立しないということです。

つまり、Webサイトでビジネスの改善をしていくためには、企業と歩み寄っていくことが必要となってきました。単なるWeb制作会社ではなく、企業内のWeb部門と近い存在にならなければなりません。そのためには、まずは私たちWeb制作会社からクライアントの商品・サービスを熟知し、愛することから始めるべきなのではないでしょうか。

クライアントの先の「ユーザー」を見る

近年、様々なツールが進化し、集められる情報が増えました。マーケティングの自動化ツールもあるほどです。しかし、そのデータを上手に活用できていない方が多いと言われています。データありきではなく、それをどのように活用するか、それが重要だと本書では述べられています。

まずは、今までの企業側がリードしていた伝統的なマーケティングではなく、「ユーザーを見る」ということ。実店舗でも、商品やサービスの改善のヒントとなるのは、実際に訪れたお客様の行動ではないでしょうか。それと同様のことをデータ上で分析します。

近年はユーザーがリードするマーケティングに変わってきたようです。
本書内では、下記のように記載されています。

現在は「ユーザー中心」の時代だと言われます。企業側がいくら優秀な商品、高性能なサービスを提供しても、ユーザーがそれを「いい」と思わなければ、評価されません。

Web制作者はクライアントの意向を優先しがちです。もちろん、お客様であるため、ある程度の要望は聞くべきだと思います。しかし、その判断はその先の「ユーザー」のことを考えたものなのか、それは結果的に企業を幸せにするのか、検討するべきです。
しかし、ユーザー主体に考えることは、クライアントと綿密なすり合わせが必要です。時にクライアントの意向が反映されないことで、関係に亀裂が生じてしまうかもしれないからです。そのため、積み重ねたコミュニケーションこそが信頼に繋がるのではないでしょうか。

失敗してもあきらめないこと

まずは小さいことからスタートして、失敗を繰り返しながらチャレンジを続けることで成功する。だから、あきらめないこと。これは本書で何度も繰り返し出てくる言葉です。

少々綺麗事だと思われるかもしれませんが、企業の分析から改善までの失敗から成功をした例がいくつが挙げられていますので、納得できます。アナリティクス分析から導き出した改善方法は、100%正解とは限りません。そのため、失敗をして、どうして失敗したかをまた分析することによって成功を導き出します。まずはあきらめずにやってみること。これが第一歩となります。

そうは言いましても、何度も挑戦することはコストが当然かかるため、企業にとっては難しいことです。そこで、またこれも繰り返しになりますが、Web制作会社とクライアントが歩み寄ることが不可欠となります。お互いに仲間となって、WinWinな関係を築くことができれば、最高ですね。

まとめ

進化をしていくことで便利になるので、人はいらなくなるというのが未来のイメージであるのですが、実際は進化をするほど、人員が必要になり、コミュニケーションが発生してくるものなんですね。Webという実態がないものだからこそ、こういった進化の形になるのでしょうか。

企業となかなか歩み寄れないときに、本書を読んでみてもらうのはいかがでしょうか。企業の失敗例・成功例を読むだけでも、十分面白いです。
そして、企業の仲間に加わることで、私たちWeb制作会社もさらに成長していけると思います。

新しいアナリティクスの教科書


2015年7月31日 | admin_grandou|コメント(0)

3 / 712345...Last »

Tag Cloud

お知らせ